NEWS

2020.03.07

kawa-kawa公式ブログ vol.029

いやはや留まることを知らず、じわじわと迫りくる感じがイヤですね。

ここ大阪では今週「あべのハルカス」でも出てしまいました。

しかしながら、最近この脅威に対して私個人的には少し考え方を変えました。

感染予防策として外出を控えたり自粛するばかりではストレスがたまり、自分自身が弱ってしまいそうなので、こんな時だからこそ「美味しいものを食べて体力つけて、欲しいものを手にしてストレスなくす!」ことに努める所存でございます。

もちろん「咳エチケットや手洗い・うがい・消毒などは怠らず、自分や自分の周囲が発信源とならぬよう清潔に暮らし、なんとかしてウイルスをはねのけます。

ただ私自身毎日通勤電車に乗っているので、呼吸器系疾患のある私の親含めご高齢の方とは今はあまり接触しないようにと心掛けております。

そしてもし罹患してしまっても「治るもの!」と考えています。

世がこんな時に楽観的な考えを言うのもどうかなと思う反面、健康なうちは健康な考え方をするのが正しいのかなと。

そしてここでは明るい話題や嬉しいニュースなどを書き記し、少しでも楽しんでいただけるように努めていきます!

それでは今回は先日お客さまから頂戴したご意見を紹介させていただきます。

以下M.Sさまから頂いたご感想~ご指摘~ご要望です。

1月にグレンチェックのスマホケースを購入させていただきました。

とてもとても気に入っています!

グレンチェックなんて伝統柄なのに、ありそうでない。

そして、一見革に見えないのに触れてみると革、

開いたときのなんとも言えない高級感。

kawa-kawaの文字もかっこいい。

使い勝手もいいし、サイズのぴったり感が半端ないです。

もう未来永劫kawa-kawaさんのスマホケースを使いたい気持ちで一杯です!

届いた直後から、お礼メールを書かせていただこうと思っていたのですが、ちょっと怖気づいていまして、ケースを薦めてくれた店員さんにのみ、感想をお話していました。

少し長くなりますが、購入の経緯を。

kawa-kawaさんのバッグは、上記の仲良しの店員さんが、ウレタンにアザラシのポケットがついたA4対応のバッグを見せてくれて、

一目ぼれで購入。

kuchiganeシリーズも大好きですが、今のところ見ているだけで・・。

でも、かっこいいkawa-kawaは持ちたいので、フラグメントケースのglitterはこっそり使用中です。

スマホケースは、店員さんオススメでした。

ガラケーの不調でショップへ行ったら、スマホを持って帰ることになり、

店員さんにケースを相談したら、オンライン限定のこれを薦められました。

自分のお店で扱えないのに、よくぞ薦めてくださったと本当に感謝しています。

自分でもとても気に入っていますが、周囲の人からも褒められ褒められる・・・うれしいです。

そして、思いきってメールを、と思ったのは、

お伺いがあるからです・・・。

夏になったらケースも衣替えしたいのですが、発売予定はないでしょうか?

オンラインショップの、candyとかgradationとかlaser cutとか?

glitterはもちろん好きですが、衣替えするならフラットな素材感が希望なのですが。

もし、今回が無理でも、

どうかこれからもスマホケースを作り続けてください。

ショップの店長さんに、

こういう細かいものは職人さんが大変だから、

メーカーさんもあまり作りたがらないと伺いました。

そして、現在のケースにひとつだけ不安が。

スナップです。

かわいいけれど、使い込んだらここだけへたるだろうと思いながら使用しています。

差し込みにすると、さらに手がかかったり、縫いにくかったりするのかな?と思いつつ・・・。

長文メール失礼しました。

すてきなケースを本当にありがとうございました。

おかげさまで、スマホライフは順調なスタートを切れました。

これからもすてきな作品を作ってください。期待しております。

そして、ブログ、毎回とても楽しみにしています。

時節柄、どうぞご自愛ください。

お忙しい中、とても貴重なご意見ありがとうございます!

ご感想~ご指摘~ご要望まですべて詰まっており、またkawa-kawaを非常に高く評価いただき、ただただ感謝しかございません。

ちなみに今回ご愛用頂いているのはこのタイプです。

あいにくこの型のスマホケースの再生産予定はございませんが、ここまで仰って頂けると「なんとかしたい!」と思ってしまいます。

私個人の判断だけではなんともできませんが、ご指摘のスナップ部分もアレンジし、なんとかできた!暁にはキチンとご案内させていただきます!

文中に「ショップの店長さんに、

こういう細かいものは職人さんが大変だから、

メーカーさんもあまり作りたがらないと伺いました。

とありますが、kawa-kawaはそのような考えは一切ございませんので、皆さまもご承知おきいただきご安心下さいませ。

確かに「職人泣かせ」という言葉がありますが、他社さんがやらないようなことをやってきたという実績と技術があると自負しております。

たくさんは作れませんが(笑)

その店長さんもそのことを気遣って言ってくれたんだと思います。

このようなご感想をいただけると、kawa-kawaが皆さまの暮らしに役立っていると実感でき嬉しい限りです

それでは最後に本日リリースの「button new design」をご紹介!

No.1116「button」トートバッグ

アイコンの大きなボタンが3つもついたkawa-kawaファン&おしゃれ上級者用のデザインです。

一番上のボタンは実際の開閉ボタンでボタンホールに通してしっかり固定。

荷物の出し入れが多い時には、ボタンホールに通さず使って隠れても、下の2つのボタンが存在感をしっかりアピールしてくれます。

No.1117「button」2WAYポシェット

軽装時に活躍するミニポシェットで革タイプのショルダーベルトでは斜め掛けで可愛らしく、チェーンタイプでは肩掛けor手持ちで上品なたたずまいになります。

斜め掛け時にはチェーンを取り外さず、デザインアクセントにするのもありです!

kawa-kawaの考え方やモノづくりで世の中全体の不安なムードを払拭することはできないにしても、皆さまおひとりおひとりの気分をㇰっと高めることはできると思っております!

何かお困りのことがあれば遠慮なく仰ってください。

ご意見&ご感想メール

公式インスタグラム

公式オンラインショップ

大阪ローカルの話ですが、JR大阪駅近辺のデジタルサイネージ(電子広告版)にてkawa-kawaのCFが3/16まで放映されています。

kawa-kawa 大田

トップへ戻る