NEWS

2020.05.23

kawa-kawa公式ブログ vol.040

お待たせしております「マスク」がほぼ完成いたしました!

残すところ検品と仕上げ作業になりますので、来週にはリリースできそうです。

先週のブログで少しご紹介したマスクをお買い上げの方に付ける「あるもの」もまもなく仕上がります。

最終発送まで清潔環境を念頭においておりますのでご安心くださいませ。

そして今週の目玉としてはまたまたゲリラ企画商品のご紹介です。

昨日、インスタやECサイト、メルマガでもご案内しておりますが、

その名は「tsuri-kawa

首都圏等を除く多くの府県で緊急事態宣言が解除され、通勤・通学などの外出で公共交通機関を利用される方が増えるかと思います。

でも「つり革や手すりなど持ちたくないな」、「手袋するのは暑いから」といった方にオススメのアイテムです。

見た目は穴の開いた革製の長方形プレートです。

それではこれの取説を。

1 裏側から穴に手を通していただきます。

(kawa-kawa刻印が入っているのが表面)

→2 革を手にひらで覆うように持ちます。

→3 つり革を持ちます。

→4 滑り止めにもなって激しい揺れでも安心。

(取説というほど広げられておりません…)

ウイルス感染してしまう要因としては、もちろん飛沫感染もありますが、それ以外では手にウイルスが付着した状態で顔に触れて、目・口などの粘膜からの感染が多いと聞きます。

この「tsuri-kawa」はその要因を少しでも緩和できるように考えられた新アイテムです。

開発段階ではモニターとして当社スタッフのはねっちに通勤時に使用してもらい、デザイナーが使用感を聞き取りして完成しました。

問題点のひとつとして「周りから見られます!」という指摘がありましたが、残念ながらその点は改良しようがありませんでした。

何か新しいことをすれば注目は避けて通れないかなと。

いつかこのアイテムがマスクみたいにスタンダードアイテムになるんじゃないかと思い描いております。

しかしコロナウイルスは本当にライフスタイルを変えてしまいました。

働き方やモノの買い方、休日の過ごし方、人との接し方など「新しい日常」に馴染んでいかなければならないなと感じ始めております。

この先有効なワクチンが開発されたとしても以前のような暮らしに戻ることはもうないのかなと。

なので変化後の未来にもそれなりに順応できるように、今意識したり考えていることを少しづつ習慣化していこうかなと。

話戻します。

あとこんな使い方もできます。

持ち手の細いバッグやレジ袋など、重たい荷物を入れた時の手への食い込みを防いでくれます。

負荷が分散されるのでとても軽く感じます。

持つ所や持つ物がない時は、手首に掛けてぶらんとさせて、大きめのブレスレットとしてファッションを楽しんで欲しいです。

このアイテムが秘めている可能性はそこそこあると思います。

エレベーターのボタンを押すときにも使える気がします。

形状としては長方形で、使い勝手を考えると角は少し丸い方が良いこともあるかと思いますが、そこはデザイナーのこだわりです。

もういっかい全体画像。

こっちの方が格好良いねん!」と見た目のイメージを優先しています。

ちなみにカラー展開としては3バリエーションございます。

①両面クロ

②表面クロ 裏面シルバー

③両面シルバー

あくまでもファッションアイテムとしてキチンとデザインしております。

そして!

今回の企画ではさらに新たな試みを行います!

そしてそれは皆さまのご協力が必要です

今回ご提案する商品は現市場に比較参考にするものがなく、価格設定を告知直前まで悩んでおりました。

そしてひとまず単純に原価(材料代、加工代、二次加工代、検品代、当社利益など)をもとに参考上代(3,000円)を設定しました。

しかしながら、それではいたって普通の計算式で出る価格なので果たしてこれが適正価格なのかどうか非常に疑問です。

そしてECサイトで告知する直前にデザイナーとも相談しました。

こういった商品はお客さまのご要望で価格を導くのが正しいのではないのかと。

実際にこんなやり方はビジネスのプロから見れば、変化球なのかも知れませんが、初めて世に出すアイテムはこういう手探りなやり方で決めても良いんじゃないかと思っています。

企業努力でできるコストダウンなんて利益を削るぐらいしかありませんが、それが適正価格と思えません。

他に製造コストを下げる方法としては生産工程を省いて質を落とすとか、量産とかがあります。

もちろん前者は除外です。

「10点生産する場合の製造コスト」と「100点生産する場合の製造コスト」を比べると単純に10倍ということではありません。

やはり量産した方が各工程の効率が良く手間も少ないため、商品1点で割り出すとコストは下がります。

ただメーカーとしてやみくもに大量に作ると製品が残り、結果利益が在庫に吸収されてしまいます。

なので皆さまのご要望を予め知ることで、前もって生産量を見極めることができ、この商品の適正価格が分かると考えました。

そして今回はそれを新たな試みとして実践しようと踏み切りました。

商品ページ内の「入荷のお知らせを受け取る」の件数がお客さまのご要望=需要と考えます。

ただ当方はあくまでも「入荷のお知らせを受け取る」という形をとっており予約販売ではないので、どうぞご安心下さいませ。

最終決定価格をご覧いただいてあらためてご検討いただいて問題ございません!

皆さまのご要望を参考にさせていただくだけで十分助かります!

ご要望件数を週に何回かの頻度で算出し、ECサイト商品ページの価格を下方修正するので、また時折チェックしてみてください。

初回の価格修正は来週月曜日にする予定です。

もし価格が変わってなかったら人気ないんだなーということになります…

具体的には商品ページ内に「入荷お知らせを受け取る」ボタン(箇所)を設置しておりますので、ぜひよろしくお願い致します!

No.1178「tsuri-kawa」ページ

最後に。

先週リリースした「wetトートバッグS グリーンカラー」ですが、おかげさまでご好評をいただき今週水曜日の夕方に完売いたしました。

買おうと思ったらページが見られなくなっています」とお問い合わせも頂いたのですが、すいません…完売してしまいました…

そしてこちらの商品はあいにく再生産ができず、今回限りの販売となっております。どうかご容赦くださいませ。

今回も長くなりました… 文字が多いと見るのも疲れますよね。

合わせて何卒ご容赦いただければ幸いです。

先月ぐらいからメルマガ配信を画像付バージョンに改変しました。

もし届かなくなったなどの不具合がございましたらぜひ教えてください。

早急に改善策を講じます。

ご意見&ご感想メール

公式インスタグラム

公式オンラインショップ

kawa-kawa唯一の直営店「大阪髙島屋店」は今週5/18(月)より営業再開しております。

k a w a - k a w a  大 田

トップへ戻る